市販品でもできる!ボディソープや石鹸でワキガ対策

ワキガ対策に必要なのは、汗を抑えること、汗や皮脂を落とすこと、そして殺菌です。
これら全てを入浴時に行うとワキガを抑制する効果を期待できますが、特に特殊な物は必要なく、市販されているボディソープや石鹸で十分に効果を得られます。

市販のボディソープや石鹸のワキガ防止効果

ワキガを抑えるには、体をきれいにしておくことが大事です。
体についた汗や皮脂、常在菌を定期的に落とすことで、ワキガを抑制することができます。

体についた汗や皮脂、常在菌を落とすには、入浴が一番かんたんです。
毎日の入浴はそれだけでワキガを押さえる効果が期待できますが、ボディソープや石鹸によっては、さらにワキガを押さえる効果が高くなります。

市販の殺菌力を持ったボディソープと石鹸でワキガ抑制

市販されているボディソープや石鹸は、ある程度の殺菌力を持っています。
ボディソープであれば、汚れを落とす事で除菌もできますし、石鹸であれば弱アルカリ性なので一定の殺菌効果を得ることができます。

ワキガの臭いは常在菌によるものなので、入浴で常在菌の数が減ると、数時間ですがワキガ臭を押さえることが可能です。

通常のボディソープや石鹸でもワキガ対策になりますが、市販されているボディーソープや石鹸の中には、殺菌や保湿効果を持ったものがあり、これらを選ぶとさらにワキガ対策の効果が強くなります。

ワキガ対策は殺菌ができる石鹸やボディーソープで

ワキガの原因は、汗、皮脂などの汚れ、そして常在菌です。
一見するとよくわからない組み合わせかもしれませんが、これらの関係は「エサ」と「餌を食べる生物」です。
常在菌が汗や皮脂を食べる事で、ワキガの臭いが発生します。
ワキガの場合は汗自体にも臭いの成分が含まれますが、常在菌の影響のほうが大きいので、殺菌ができればワキガを抑制することが可能です。

殺菌効果は続きませんが、常在菌を一気に減らせるので、普通の石鹸やボディソープよりも長くワキガを抑制できます。

毎日使うことで更に効果が強くなる

殺菌効果のあるボディソープや石鹸は、毎日の入浴で使うことでワキガの抑制効果が高くなります。

ワキガの臭いを作る汗や皮脂、常在菌は毎日増えていきますが、汗や皮脂の量は、成人すると減少傾向になるので、毎日入浴をすれば一定以上に増える事はありません。

しかし、常在菌は生きているのでエサとなるものが少しでもあれば、またたく間に増えていきます。
常在菌も毎日の入浴である程度落ちるのですが、殺菌が出来るボディソープや石鹸を使うと、普通のボディーソープや石鹸を使った時よりも数が減らせます。

毎日殺菌をすると、常在菌も汗や皮脂と同じく一定以上増えにくくなり、その結果ワキガ臭も緩和されます。

保湿効果のあるボディソープと石鹸もワキガに効果的

保湿効果のあるボディソープや石鹸も、ワキガを抑制する効果が期待できます。

保湿成分は肌の水分を保ち、肌を健康な状態にしてくれます。
健康な肌であれば、皮脂などの常在菌の餌となるものが少なくなり、その結果ワキガを抑制してくれます。
特に冬場の乾燥した時期には、大きなワキガの抑制効果を得られる事もあるので、ボディソープや石鹸を保湿力にこだわって選ぶのも、ワキガ対策としては有効です。

一番良いのは保湿と殺菌を同時に行うこと

ワキガ対策で一番効果があるのは、肌の保湿と殺菌が同時に行うことです。

ボディーソープや石鹸に殺菌力や保湿力がある場合、入浴後は汗や皮脂がほとんどなく、常在菌もかなり減り、肌の状態も健康的になります。
この状態を維持して、ワキガの原因を抑制できれば、少なくとも臭いは大幅に減らすことができます。
制汗剤で汗を押さえる事が前提ですが、ボディーソープや石鹸も適切なものを選ぶと、ワキガを押さえる効果を発揮します。

効果はあっても一時的であることに注意

保湿や殺菌が出来るボディソープや石鹸を使うと、肌が一番ワキガを防止する時に良い状態に仕上げられるので、ここで制汗剤などを使えばワキガの原因となる汗や皮脂、常在菌の増殖が抑えられます。
市販品は通常、あまり効果を期待できない事が多いのですが、殺菌力のあるボディソープや石鹸は、ワキガ対策には大きなポテンシャルを秘めているものです。

ただし、注意が必要なのはボディソープや石鹸のワキガに対する効果は一時的なものでしかなく、殺菌によって数が減った常在菌は時間が経てば増えてしまいます。
ボディソープや石鹸だけではw絵画ケアとしては弱いのですが、ワキガケアの基本でもあるので、毎日の入浴を殺菌や保湿効果のあるボディソープや石鹸を使えば、ワキガ対策を強化できます。

季節にもよりますが、2~3時間もするとワキガの抑制効果はなくなるので、ボディソープや石鹸はワキガケアの一部として使うことが前提としてください。