ワキガの黄ばんだ服を白くする!ワキガ黄ばみを落とす方法

ワキガは汗が多く出るため、服や下着の脇の下部分が黄色く変色する「黄ばみ」が起きることがあります。
黄ばんだ服は選択をしても白くなることがなく、漂白をしても完全に落ちないことも多いものですが、洗濯の方法や洗剤によっては、きれいに落とせる場合もあります。

ワキガの黄ばみはこれで落ちる!
洗濯洗剤でワキガ黄ばみを落とす方法

ワキガの黄ばみを洗濯で落とすには、洗濯の方法と洗剤の選び方が重要です。

洗剤に限って言えば現在の洗剤はとても進化しているので、一般的な除菌ができる洗濯用洗剤であれば、何を選んでも問題ありません。
洗い方については、基本は洗濯機で大丈夫です。
ただ、黄ばみが取れないときは他の方法で洗う必要があります。

なぜ服が黄ばんでしまうのか

ワキガで服が黄ばんでしまう原因は、汗に含まれる成分や、汗と一緒に流れてきた皮脂によるものです。
服に汗が染み込んだ時は特に黄ばみが出ることはないのですが、乾燥してくると汗の成分や皮脂が参加して、黄色く色がついてしまいます。

ワキガで出来る黄ばみは、汗が原因であることから服の繊維の奥深くにまで入り込んでいるので、おちにくいという特徴がありますが、酸化している状態なので、アルカリ性の液体につけておくと溶け出します。

ワキガの黄ばみを落とす方法 1 まずは洗剤を選ぶ

ワキガの黄ばみを落とすためには、液体の酵素が配合された洗剤を選びましょう。粉末よりも液体のほうが、黄ばみがある部分の繊維の奥深くまで洗剤が浸透しやすいので、黄ばみに対して効果的に働いてくれます。

現在販売されている洗濯用洗剤は、石鹸以外であればほぼ酵素配合のものばかりなので、酵素については特に選ばなくても配合されているはずです。

ワキガの黄ばみを落とす方法 2 選択前のひと手間を加える

ワキガで黄ばみが出来た服を洗濯する前に、黄ばんでいる部分に直接洗剤をつけて、ぬるま湯で揉み洗いすると、より黄ばみが落ちやすくなります。

ひと手間必要ではありますが、すすぐ必要はないのでそのまま洗濯機に入れて洗うことができます。

これらは普段のお洗濯でワキガの黄ばみをとる基本的な方法ですが、この方法で取れないときは漂白剤を使う方法が有効です。

漂白剤を使ってワキガの黄ばみをとる方法

洗濯用の漂白剤を使って、ワキガの黄ばみをとる方法もあります。

ただ、ワキガの黄ばみが出来ている服が白物なのか柄物なのかという違いと、生地の種類によって選ぶ漂白剤が変わり、選択を間違えると服の生地を痛めてしまうので注意が必要です。

ワキガの黄ばみを落とす漂白剤の選び方

漂白剤には塩素系と酸素系の二種類があり、洗濯に使われるのは酸素系が多いのですが、ワキガの黄ばみを落とすには、塩素系のほうが効果的です。

ただし、塩素系は使い方や使える服が限られているので、注意して使わないと服を痛めたり、色あせなどの原因となります。

塩素系漂白剤をつかったワキガ黄ばみをとる方法

塩素系はウールなどの動物由来の生地には使えず、色物や柄物にも使うことができません。

もし使ってしまうと、生地を痛めてしまったり、色や柄が消えてしまう、他の洗濯物に色移りをするなどの問題が起きます。
そのため、塩素系漂白剤をワキガの黄ばみに使うときは、白物であること,生地がポリエステルなどの化繊、綿であり、毛、絹が含まれていない生地であることが前提です。

塩素系漂白剤を使うときは、洗濯前に40度前後のお湯を鍋などに張り、塩素系漂白剤をいれて黄ばんでいる服をそこにいれて、30分から1時間放置します。
漂白する前に、黄ばみの部分を洗剤で事前に洗っておくとより効果的です。

黄ばみが落ちていたら、軽く絞ったあとにすすいで、そのまま洗濯をすれば完了です。

酸素系漂白剤は洗濯用の洗剤と同時に使わないと効果がないので、必ず洗濯のときに一緒に入れてください
漂白剤の効果は液体よりも粉末のほうが高いので、粉末がおすすめです。
お風呂の残り湯を使うと効果が薄れる事があるので注意してください。

ワキガ黄ばみの予防やクリーニングも効果的

ワキガで出来た黄ばみは、酵素配合の液体洗剤や漂白剤を使って、洗い方にひと手間かければ落ちる可能性がありますが、黄ばみを予防することが最も効果があります。

また、クリーニングに出すことでもワキガの黄ばみをとる事ができます。

ただ、ワキガの黄ばみは何をやっても取れない事があるので、ワキガの黄ばみが取れないときは残念ですが、服の処分や再利用を考えてください。