重曹でかんたん!誰にでも出来る重曹ワキガ対策

ワキガ対策にはある程度のお金が必要なもので、上を見れば何万円もかかるものがあります。
高いものは効果も良かったり、オールラウンドで使えたりと、効果だけではなく利便性も良いのですが、数百円で購入できる重曹でも、十分なワキガ対策ができます。

重曹でワキガ菌を殺菌!かんたん重曹活用術

重曹は料理や掃除に使用されるもので、ドラッグストアなどで販売されています。
炭酸水素ナトリウムという名で販売されている事もありますが、どちらも同じものです。
価格は食品用であれば数百円で購入できますが、ワキガ対策として購入するのなら1kg単位で購入したほうがコストパフォーマンスに優れています

アルカリ性の白い粉末で、水にもよく溶けます。
酸性のものが混ざると化学反応を起こして炭酸ガスを放出して発泡するという特徴を持っています。主に山菜のアク抜きや、パンケーキのふわふわ感を出す目的、掃除などに使われるものです。

重曹は特に珍しいものではないのですが、料理や掃除以外にも、日々のワキガ対策としても使うことができます。

かんたんでも効果あり!一番手軽な重曹水洗浄

重曹を使ったかんたんなワキガ対策は、水に溶かして脇を洗う事です。
重曹は水に溶けると弱アルカリ性の水溶液になるので、これを利用して脇を洗う、またはタオルに浸して拭き上げます。

弱アルカリ性なので殺菌効果があり、ワキガの臭いの元である菌を殺菌します。
また、肌が弱酸性のために重曹水が肌に触れると細かい発泡が起き、この泡の効果で汚れが落ちます。
殺菌と菌の増殖に関わる汗や汚れが落とせるので、日々のワキガ対策としては安価であり、効果的な方法でもあります。

あまり濃い重曹水は肌を痛めてしまうので注意が必要ですが、毎日使うことでワキガの抑制に繋がります。

お風呂に入れるだけ!重曹風呂でワキガ対策

重曹を浴槽にいれて、重曹風呂にするとワキガ対策として使えます。

浴槽に30g程度の重曹を溶かして入浴するだけで、常在菌の数を減らしてワキガの臭いを抑制します。
脇だけではなく全身に効果があるほか、お湯が簡易的な弱アルカリ温泉のようなものになるので、温浴効果もあります。

応用すると市販されている炭酸ガス入浴剤のようなことも可能です。
重曹を入れたお風呂に、食用のクエン酸を混ぜると炭酸ガスが発生するので、炭酸ガスの効果で肌の汚れも落ちやすくなり、ワキガの抑制効果も期待できます。
市販の炭酸ガス入浴剤と違い、炭酸ガスの量を調整することが難しいので、必ず窓を開けてから行ってください。
また、循環式の浴槽では重曹もクエン酸も故障の原因となるので、決して使わないでください。

ひと手間掛けて重曹泡パックを作ろう

重曹は少し手間を加えると、泡パックになります。
わきの黒ずみ対策として使われることがあるものですが、ワキガ対策としても効果があります。

重曹で泡パックを作るには、重曹に水を加える方法と、クエン酸を加えた水を加える方法があります。

ワキガ対策に水で作る重曹泡パック

水で作る重曹泡パックは、重曹を大さじ1程度に水を少しづつ加えてペースト状にするだけです。
ペースト状になったら、腋に塗りつけて数分放置したあと、洗い流します。

重曹の濃度が高いので殺菌力が強く、アルカリ性なので漂白剤のような性能があります。
腋全体の消毒、殺菌のほかに、汚れを落とす効果もあるので、ワキガの元である雑菌と汗を落とせます。
また、塗ってから軽くマッサージをすると毛穴の汚れまで落とせるので、ワキガの臭いを発生させるものをきれいに落とし、ワキガの防止に役立ちます。

重曹泡パックを使ったあとに制汗や抗菌を行えば、ワキガを数時間防ぐことができ、市販の制汗剤などの効果も高めてくれます。
ただ、アルカリ性が意外と強いので、肌に長い時間付けてしまうと肌を痛める可能性があるので、数分程度にとどめておくのが正しい使い方です。

水とクエン酸で作る重曹泡パック

水に食用のクエン酸を溶かしたものを、水で作る重曹泡パックと同じ要領で作ると、細かい泡のペーストが出来ます。
発泡しているので水だけで作る泡パックよりも洗浄効果が高く、殺菌効果もあるので水で作る重曹泡パックよりもワキガ対策に効果が期待できます。

作るのが少しむずかしいのが難点ですが、慣れてしまえばかんたんにつくれます。最初に何度か練習すると確実です。

クエン酸がないときは食酢でも代用できますが、レモン汁を使う方法もあります。また、少しだけを加えるとワキガの臭いに対して効果的です。

クエン酸を使う場合も、長い時間肌につけていると肌荒れの原因になるので、数分にとどめておいてください。

重曹を使ったワキガ対策は、人によっては合わないことがあります。
また、脇毛は基本的に剃っておくことが前提ですが、剃った直後に使うのは避けてください。